So-net無料ブログ作成
検索選択

おなか冷えたりしないんだろうか [うさ]


実はひー、先週の土曜日(1/22)に手術を受けておりました。


昨年末、出血が確認され(おしっこの潜血反応は全くなかったので間違いなく子宮の方)、病院で触診とエコーをしてもらったところ、詳しいことはもう少し時間をかけてよく調べてみないとはっきりしたことは言えないけど、何かありますね、と。

ひーは女子うさですから、そういうリスクが高いことは最初からわかっていましたが、やはりショックでした。
まさかうちの子が・・・っていう感覚なんでしょうね。

そして年明けに改めて1日検査入院をして調べてもらったところ、血液検査の数値には特に問題視される内容はないものの、間違いなく何か腫溜のようなものがあり、しかも先月よりも少し大きくなっているとのことでしたので、迷わず手術に踏み切りました。

まだ4歳半だし、元気だし!!

されど4歳半ということでもうピッチピチのギャル(死語)ではありませんので手術に不安が無かったと言えば嘘になりますが、弱った風がないだけに迷う理由ないですからね。



手術は日帰りなので、朝預けて夜お迎えです。

当日、家主不在をいいことに、ケージ内を模様替え。

うさぎは環境の変化をストレスに感じるのは重々承知していますし、しかも術後で余計にストレスを感じるであろうこともわかっていましたが、術後だけにあまり暴れられない方がいいかと思ってウッドデッキを撤去したのです。

だってあったら絶対上るし、上ったら降りなきゃいけないし。

サスガにそれは傷に響くんじゃないかと思いますし、それと一進一退の足裏ハゲのこともありますのでこの際ついでに。

飛び降りられないように柵とスロープを設けたステキなロフトにでもできればいいんですけどね。
だいたいこれまでだって、おやつクレクレで興奮しすぎて足踏み外したりするしさ・・・(どんくさいうさぎ)

なのでその代わり、ちょっと隠れられるようにわらっこトンネルも置いてみました。

 


昼の2時頃に、無事終わりましたと連絡をいただいて一安心。

ですが案の定、予想通り腫溜があったとのことでした。しかもいくつも。

お迎えに行った時に写真だけ見せてもらいましたが(摘出した実物は病理検査に出してしまっているので)、いくつもコブのようにできていました。

何ていうか、ヒトで言う所の子宮筋腫もこんな感じなのかなーとか思ったり。(私絶対持ってるとおもう・・・)

ただこれが悪性だったりすると肺や肝臓へ転移の危険があるので、それだけは怖いです。今のところそういう兆候はないようですが、こればかりは祈る他ないです。

 


夜、お迎えにいった時のひーは、どんより感5割増し・・・

ご存知のとおりひーは外に連れ出すと常にどんより鬱々とする子ですが、それが更に酷くなったような感じでした。

しかも検査入院の時も同じくらいの時間でしたが、お水もごはんも食べて●もしっかりしていたのに、今度はお水もごはんも減ってないし●もしてませんでした。

こんな調子でごはん食べてくれるようになるんだろうか・・・と不安になりました。
ごはん食べてくれないと投薬もし辛いですし。。。

確かキン太さんちのてぃもちゃんも、食べ物を口にしてくれるようになったのは翌日のお昼ぐらいだったとかって・・・

それでも帰りの車中、キャリーの中でごそごそ動いてるひーを見てちょっとだけ安心しました。



帰宅後、キャリーの扉を開けるとそーっと出てきました。

そして、そーっとケージに帰ると、とりあえずわらっこトンネルに飛び乗りました

ノォォォォォォ!!!!

・・・オーケイ、わかった。勝手に模様替えしたのは本当に悪かった。だがそれは上に乗るモンじゃなくて中に入るモノなんだ!申し訳ないがそういうのは控えてもらえな、ノォォォォォォォ!!!!(再びjump up)

わらっこトンネル、あえなく撤去。

色々と不満なのか、ひーはケージ内をしばしウロウロしていましたが、そのうち諦めて適当なところに腰を据えてました。
ま、まぁ、飛び乗れる元気はあるってことで。。。。

164.jpg 何か寂しいレイアウト

でも、いつもならケージの扉の前に私がいれば「出してー」とばかりに張り付いてアピールしてくるのに、そういう元気まではないのは当然ですが、やはりご立腹なのでしょうか、この日は私から距離を取るように離れていたり、お尻を向けていたりと、ちょっと悲しい気分になりました。

どちらにせよ、今晩は隅っこでじっとして動かないでしょうね、と先生も言っていたので(わらっこトンネルに飛び乗る元気はあったけどな)、そっとしておくことにしました。


じゃぁとりあえず入院セットの片づけでもするかーと思っていると、何やらシャクシャク言う音が聞こえてきたのです。

え?!とひーを振り返ると、ニンジンの葉っぱ食べてました

なっ・・・・・・・Σ(゜〇゜;

ついさっき帰宅したばかりで?!

ど・・・・どどどどどういうことなの、っ・・・・・?!

手を付けてなかったと思っていた入院用ごはんもよくよく見れば、美味しいものだけなくなってました

・・・・・・・・・・・・・。


それでも、家に戻った安心感とまだ痛み止めが効いていて、今は食べることが出来てるのかな、とも考え、その晩はずっと様子を伺っていました。

傷が痛むのか、何度も場所や姿勢を変えている姿はやはり痛ましいの一言に尽きるのですが、時折、足を伸ばして寝転ぶなどあれ?と思わされることも多々ありました。

苦しい時ってうさまんじゅうになるんじゃなかったっけ・・・?


観察すること数時間。時折牧草やニンジン葉や大根葉をつまみつつ、朝を迎える頃には通常のごはん入れに顔突っ込んでました。

なにこれ予想と違う

 

そして日曜(手術翌日)の夜。

162.jpg どっかで見た

何だろう、この異常なまでの通常営業。


ひーは一歩外へ出たらどうしようもないくらい臆病で神経質なのですが、縄張り内にいる限りはものすごく図太くて鈍感な性格をしていますのでそれが良かったのかもしれません。

先生が日帰りのが絶対にいいと言っていたのがよくわかります。


月曜に一度傷口の具合を診てもらいに病院へ行きましたが、全く問題ナシ。

気にしてしきりにペロペロしていたのですが、内部縫合で糸も外に出ていないので傷口が開いてしまうことも殆どないそうですし(あっても皮一枚で中まで開くことはない)、抜糸の必要もないのであとは来週のどこかでもう一度傷口を確認するだけでOKとのことでした。


水曜日ともなるともう何事もなかったようになっています。(走る・転がる・くれくれアピール)


ちょっと面白かったのは、手術前、ひーは放牧されるとまずは一目散にアニマルスリッパに向かい、カクカクを挑んでいたのですが、少し元気になってきた火曜日頃だったか、とりあえず習慣的にアニマルスリッパに向かって行き、ひしっとしたものの、・・・何だっけ?って顔をしてそのまま佇んでいたりとか(笑)

その日その後も2、3回アニマルスリッパに向かっていきましたが、その度に「・・・何だっけ?」となっていました(笑)

ホルモンバランスでそんなに変わるものなんですかね?


今日で術後一週間が経過した訳ですが、こんなに手のかからない子だとは思ってもみませんでした。

ホント、先生とひーに感謝です[ぴかぴか(新しい)]

163.jpg ハゲのチラ見せ

早くおなかもフサフサに戻るといいねぇ。



しかし強いて難があったと言うなら投薬ですかね。。。

割とあちこちでも見たのが、お野菜に振りかけてそのままあげる、というやり方

先生も、ちょっと濡らした葉っぱに薬を振りかけてクルクル巻いて食べさせてあげればそのまま食べちゃいますよー、とおっしゃっていたので、その通りにやってみましたが、予想通りうまくいきませんでした。orz

生野菜を全く食べない子ではありませんが、がっついて食べる程でもないですから。

もちろん、置いておけばそのうち食べますが、食べる頃には葉っぱも乾いてお薬だけ全部落ちてます

それに一番好きなのはニンジン葉ですが、あんな細かい葉っぱに薬とか無理だし。


次に試したのは、ひーの大好きな液状のお薬に混ぜたらどうかというもの。

術後で食欲も減退していることだし(実際そうでもなかった)、腸を活発に動かすということでもある意味一石二鳥ではないかと。

ただ結果としては、×寄りの△ってとこですかね。

確かによく飲んでくれるけど、そもそもあの薬、水に全く溶けないから常に振って混ぜていないと全部沈殿しちゃうorz


ここで仕方がないので禁じ手登場。(よい飼い主はマネしてはいけません)

ほんのちょっっっぴりのハチミツにお薬を練りこんで、大好きなおやつに塗ってあげるというもの(ハチミツは接着剤代わり)

結果は○。

ただ回数を重ねる毎に「えー…(-ω-)」となってきましたが、結果的には完食してくれたのでOKと。

あ、投薬のためにおやつの量をいつもより増やしたということはありませんよ?




術後まだ一週間しか経っていませんが、ひーの立派なマフがいずれなくなってしまうと思うと寂しいですね。。。

マフに埋もれて股うさぎってるひーの姿をいつまで見れるのかな・・・

寂しくはありますが、いつまでもそのままだったら違う意味で困ることになるんでしょうけど。(O・DE・BU)

165.jpg マフに埋もれる股うさぎ

手術前に比べ、股うさぎ率および股うさぎ時間が長くなりました。足痺れる・・・

 

 

 

さて、実は今回手術するにあたって、病院を変えました。

今まで通っていた病院は、設備も立派だし獣医師の数も多いのでそれなりに安心していたのですが、ちょっとなー・・・と思わせる出来事があったりしましたし、若い先生が担当になると、いずれ独立等でいなくなってしまい、その都度担当医がコロコロ変わってしまうのがちょっとイヤでもありました。

最初にひーを診てくれた先生はホントにいい先生だったのになー・・・

それで、なるべく自宅から近い場所でうさぎもちゃんと診てくれそうってことで今回お世話になった病院に、最初に出血を確認した段階で連れて行きました。

その時、先生から手術とか色々考える上で、今まで診てもらってた病院があるならそちらでの意見も聞いておいた方がいいですよ、とのことで、正直気乗りはしませんでしたが一応前の病院へ行ってみることにしました。

その病院へは約1年前の耳を疑ううっ滞事件以来、薬をもらいに行くぐらいしか行くことがなかったので、今も同じあの頼りなげな担当医の先生(うっ滞事件そのものは代打の獣医)がひーの担当なのか、違う先生に代わっているのかわかりませんでしたが、若い先生はちょいちょい入れ替わるので、もしかしたらもっといい先生が担当医になってるかも?!と多少の期待を胸に抱きつつ、会社帰りにちょっと話だけ聞いてもらいに立ち寄ってみました。(何度もひーを連れ回すのはイヤなのでとりあえず話しだけ)

「柳さーん、柳ひまわりちゃん!」と診察室のドアを開けて顔をのぞかせたのは、一番顔を見たくなかった例のヒトでした

ここで更に残念なお知らせです。

今回は「今日は○○先生がお休みなので・・・」というセリフは一切ありませんでした。

つまりそういうことです。


「あ、やっぱりいいです。」と言ってそのまま帰らなかった私はよくがんばったと思う。

かなりイヤイヤながらも一応一通り話はした訳ですが、結論だけ申しますと、『検査等はしますがうさぎの手術対応はしません』という見解だそうです。麻酔の加減が難しいから、だってさ。

病院としての総意なのか、ただ単にこのヒトだけが出来ないって言ってるのかは知りませんが。

仮に『手術対応します』って言われても全力で辞退しますけど。


お陰で心置きなく乗り換えの決意が出来たのでありがたかったですよ(゜⊿゜)

 

 

 


本日、ひーの術後チェックを兼ねて、病理検査の結果を聞いてきました。

予想はしてましたが、やはりガンでした。(子宮腺ガンてやつね)

幸い、切除付近や血管・リンパ管からはヤバそうなものは検出されなかったそうなので、転移の可能性は低いのですが、血管やリンパなんて常に液体が行き来している器官なので、絶対はありません。

これからしばらく月に1回~3ヶ月に1回レントゲンで肺に転移がないかどうかをチェックすることになります。

だからって、転移が見つかったからって治療する術はないんですけどね。


ここから先(転移するかどうか)は運です!!って先生もおっしゃってたので、ひーの運に賭けるしかない訳です。

お百度参りとか水ごりとかすべきかしら・・・・(古い)


nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 4

コメント 10

さきち

大変だったのね…。
でもその術後の態度はるんるを彷彿とさせるものがあるよ…。
うん、十分柳さんちの子らしいたくましい子だ!
病理検査の結果はいつ出るのだろか。気になるね。
悪性でないことを祈ってます。
ひーちゃん頑張ったんだから 足しびれるなんてわがまま言わないで
いっぱい挟み込んでいてあげてね。
by さきち (2011-01-30 10:02) 

キン太

ひーちゃん、大変だったんだね。
でも、近くにいい病院があってよかった~

さすが、ひーちゃん。
その日のうちに食べだすなんて!!
なんて手のかからない子だろう(うらやましい)

てぃもは、ピンク色の綺麗な子宮だったけど、じぇるは何個も血の塊みたいなのがあったよ。
8歳ちかかったけど、転移もしてなくて、元気に長生きしてくれたしね。
ひーちゃんの転移してなくって、病理検査でも、いい結果が出ることを祈ってます。

あ、てぃもは、カクカクを忘れてませんが・・・(今朝も、あろに挑んでました。。。)
じぇるは、しなくなったよ~
マフマフも小さくなったしね。

術後、痛い思いをさせた飼い主を避ける子が多いのに、ひーちゃんはいい子だね。
いっぱい、挟ませてあげてーーー♪
by キン太 (2011-01-30 17:38) 

TAK

ウチも血尿が出て原因が分からず、別の病院に相談して手術を進められました。
悩んだ末に手術に踏み切りましたが、今でも良かったと思ってます。
マフマフは一時期無くなったけど、しばらくしたらまた出来てたので、
個体差によるのでしょうね。
頑張ったご褒美に沢山、挟んであげてくださいな。
by TAK (2011-01-30 18:34) 

momoring

そうかー、ひーたん、がんばってきたんだねぇ。
無事終了して、ごはんも食べれて、よかったよかったですね。
イイ病院も見つかったみたいだし^^

ていうか・・・子宮筋腫的なものが、柳さんにもあると思う、って、心配さすなよー(ノω・。)
検査受けてよー。



そしてシュシュの件ですが、ずっと送れずにいてすみません。
用意は出来たのですが、想像していた出来上がりとなんか違って、ウムムー(-_-;)
となってるうちに若干体調が悪くなったり、大雪で気軽に外出もできなくなったりなんだりで、
時間が取れずにいたのですが・・・
早く送れるようにします!(>_<)
by momoring (2011-01-30 19:53) 

nakiusa

頑張ったね、ひーちゃん。
無事手術が終わって、その後も元気にマイペースに過ごしてくれていることにホッとひと安心です。内弁慶万歳〜!!

スリッパに向かってあれ??は、オモシロいですね。
ホルモンの不思議ってやつですね〜。

うちも実は出血事件がありました。
朝起きたらチャチャのペットシーツが真っ赤。チモシーにも一部血痕。
てっきり血尿かと思ったら、尿潜血−でした。
病院で注射2本打たれ帰って来てもチャチャ元気。血尿なし。
はて?と思ってお薬飲ましたら爪が一本抜け落ちてました。
血液がかすかに固まっていて、爪が抜け落ちたための出血でした。
ケージの床網にひっかかったのか?前日の爪切りでは問題なかったのに。
気づかぬ飼い主。。。ダメダメです。。。
by nakiusa (2011-01-31 22:10) 

柳ナントカ

お返事デス♪

★さきちさまv
実は大変だったのさ。。。ホントは年賀状なんてやってる心の余裕なかったもんさー。(ゆえにあの手抜き)
ホント外に一歩出ると怖がりで怖がりでどうしようもないから、外で痛いことされちゃった日にゃーしばらく鬱々として立ち直れないんじゃないかと思ったけど逆だったってのはうれしい肩透かしだったけどね(笑)
病理検査結果はもう出てるだろうから、今週中に1回ひー連れて行ってこなきゃですわ。
またどんよりされる・・・(-ω-)
足痺れるって書いたけど実はそれよりこの季節は足が冷えるんだよ・・!!見ての通り素足にはさんでるからね。。。
手術前は撫でないと割とすぐどっか行っちゃってたんだけど、今はとにかく居座ってて、どうしても中座しなきゃいけない時はそのまま待ってる(笑)

★キン太さまv
ホントいい先生で良かったよ~!
個人病院だから担当変えられることもなくて、じっくり向き合って診てもらえそうだしね!
大きい立派な病院のがいいってもんでもないんだねー。。。
いやもうホント私もビックリです。その日のうちに食べ出すとかあんまり聞いたことないし。
手のかからないのはありがたいことだけどね(笑)
ひーもそんな感じだったよ。。。ただ、正常な状態がどうなのか見たことないから何とも言えないんだけど、サスガにその写真を載せる訳にいかないからね~(^^;
てぃもちゃんの場合は相手がいるから忘れなかったのかな(^-^;)うちは無機物相手だったからね~
でもまたそのうち思い出すかも?!
避けられてるかなぁと思ったのは2時間ぐらいかな(笑)
翌日いつものように挟まれてくれた時はホント嬉しかったなぁ♪♪

★TAKさまv
そーなんですよね。。。
例え悪性じゃないとしても、出血するのがいいわけないですし、腫溜が大きくなれば他の臓器の邪魔をしたり癒着したり結局はいいことないですもんね。
でもそのTAKさんの決断のお陰で今もシナモンちゃんは元気でいてくれるんですから!
・・・・あれ?マフマフってそういうもの・・・?
また出来てくるって単に太っ・・・・・・・・・じゃないと思いたいです(゜ー゜;Aアセアセ
えぇ、毎日挟ませていただいておりますとも!!(笑)

★momoringさまv
あのちっこい(人間に比べれば)体でよくがんばったなぁってホント思いますよ。
それに動物ってスゴイよね。おなか開いた当日に歩き回れるって。。。
人間なら絶対安静なのにね・・・
えー?子宮筋腫的なのって未経産の女性はほとんどのヒトが持ってるとかって言わないっけ?!
ガンじゃぁないからねぇ。そりゃ程度が悪いと取らなきゃだけど。

あ!それは気にしないで!こっちが一方的に無理難題(・・・)ふっかけたわけだし!(^-^;;;
全然ヒマな時とかでオッケーなので、大丈夫ですよ^^

★nakiusaさまv
内弁慶様ばんざーーーい!だよホント!
初詣でいつもよりお賽銭奮発した甲斐も少しはあっただろうか。。。(-人-) 
初めて紙幣を投入したもんなー(笑)自分のことなら絶対そこまでしないけど。
ホント、術後初めてスリッパに向かって行ったときは、あれ?やっぱりそれはやるんだ・・・と思ったのに、抱きついてみたはいいけど微動だにしなかったのには笑った(笑)
ええええ・・・爪が折れるとそんな惨事になるの?!
あー・・・でも私も一回爪切り大失敗して激しく出血させちゃったことあるわ・・・
血尿だとむしろそこまで真っ赤になるかね・・・?
自分の血尿経験を思い出すとビックリするほど赤かったけどさ。
てゆかチャチャさん注射打たれ損じゃぁ・・・
by 柳ナントカ (2011-01-31 23:39) 

こむぎママ

!ひーちゃんにそんなことが!!
無事手術が成功したとのこと安心しました。
しかし、家に帰ってからのくつろぎよう!!
驚きです。
早めに手術を決心したのは本当良かったと思います。
まだまだ回復期!
御大事にね!
by こむぎママ (2011-02-01 14:11) 

柳ナントカ

お返事デス♪

★こむぎママさまv
実はそんなことがあったのです。
女子うさですから、ないことのが確率低いのかなーとか思ったり。
ホントにあの回復力というか、通常営業っぷりには驚きました(^-^;)
私にとってはホントに手がかからなくてありがたいことですが、これが標準だと思っちゃいけない事例ですよね(-д-;)
ありがとうございます。
いつもの2倍股うさぎ状態でナデナデさせていただいております(笑)
by 柳ナントカ (2011-02-03 00:11) 

ましまろ

久々に覗いたら…
大変なことになってたんですね((ヽ(゚〇゚;)
執刀医を決めるのにもかなり苦慮されたようで

ひーさんが予想に反して股うさぎ復活早く良かったです(^-^)(。。)(^-^)(。。)

by ましまろ (2011-02-08 09:26) 

柳ナントカ

お返事デス♪

★ましまろさまv
実は大変なことになってたんです( ̄▽ ̄;)
でも最初にもともと行ってた病院じゃない病院に行った段階で決めてはいましたので、苦慮ってほど苦慮じゃぁなかったです。
ガッカリを確かめに行ったのは無駄足でしたけどね(-д-;)
ホントにひーの回復力のすさまじさには脱帽ですよ!
誰がこんな事態を予想していようか・・・!ってカンジで(笑)
そんでもって、ひーの手術をしてくれた病院は、ましまろさんもご存知の所ですよ(*´ω`*)
by 柳ナントカ (2011-02-10 22:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。